ミドリエル・アース

『Oblivion -Joeのシロディール紀行-』 第39話「相棒と鑑識、再び」

0
第38話へ全話リンクBaurusはImperial Cityの下水道を迷うことなく進んでいった。俺達は今、皇帝を暗殺したカルト集団 "The Mythic Dawn" の事を調査している。彼らのアジトを見つけるには教主Mankar Camoranが書いた聖典『Commentaries』の第4巻が必要であり、Baurusと俺は、それがImperial Cityの下水道で教徒たちと直接接触することで手に入れることができるという情報を入手した。...

『Oblivion -Joeのシロディール紀行-』

2
The Elder Scrolls 4 『Oblivion』のプレイ日記です。80年代アメリカドラマやハリウッド映画の登場人物のようなカラッとした性格のJoeをロールプレイし、旅の記録を作っていきます。(第32話まではTumblrでの作成となっています)最新話第39話「相棒と鑑識、再び」 5 Sep 2015 UP!...

『Oblivion -Joeのシロディール紀行-』 第38話「How can we meet The Mythic Dawn?」

0
第37話へ全話リンク俺はKvatchからImperial Cityに戻って来ると、まずは相棒のBaurusに会って情報交換をした。だがImperial Cityでは何も進展がなかったそうだ。俺達が探しているCamoranの『Commentaries』、そしてその3巻を買おうとしているGwinasという男の情報も。翌日から俺は情報を求め本屋"First Edition"へ日参していた。すると4日目に、本屋の主人Phintiasが、ついさっきGwinasがやって来たということを教えてくれた。すぐ...

『Oblivion -Joeのシロディール紀行-』 第37話「Skingradからの援助」

0
第36話へ全話リンクKvatch再建に力を貸して欲しいとSavlian Matiusに頼まれた俺は、Skingradの伯爵に資材と人材の援助を求めるため、Skingrad城へとやって来た。ここは城が丘の上にあるから見晴らしがいいんだよなあ。などとつい見惚れてしまう景観を眺めつつ、城の中へと入っていった。...

『Oblivion -Joeのシロディール紀行-』 第36話「Kvatch Rebuilt」

0
第35話へ全話リンクPhintias:You must be referring to Mankar Camoran's "Commentaries on the Mysterium Xarxes." A common mistake.君が言っているのは、Mankar_Camoranの『Commentaries on the Mysterium Xarxes』のことだろう?よくある間違いだ。It comes in four volumes. The first two volumes are rare, but you may run across them from time to time. The third and fourth are impossible to find.全四巻だ。第1巻と...

『Oblivion -Joeのシロディール紀行-』 第35話「相棒と鑑識」

0
第34話へ全話リンクMartinとの話を終えた後、俺はJauffreと今後の事について話し合うことにした。Jauffreは開口一番、俺にBladesになってくれないかと頼んできた。正直組織に加わるのは好きではないのだが、状況が状況だ。俺は事態が落ち着くまでという条件付きでBladesに入隊することにした。俺の入隊にJauffreは大いに喜んでくれた。Jauffre:You're right. We must try to recover the Amulet before the enemy takes it out of ...

『Oblivion -Joeのシロディール紀行-』 第34話「皇帝の重荷」

0
第33話へ全話リンクWeynon修道院が見えてきた。俺はWeynon修道院のJauffreの頼みで、暗殺された皇帝の隠し子だというMartinを迎えにKvatchへ行った。そして問題なくMartinを連れてくることができ、これで一仕事終わりだな、などと思っていた時だった―修道院の方から叫び声と助けを求める声が上がった!俺はMartinと共に急いで修道院へ向かった。追われているのは修道院で家畜の世話をしているEronorだ。まずは奴さんを助けねえとな...

『Oblivion -Joeのシロディール紀行-』 第33話「Martin」

0
第32話へ全話リンクKvatchをデイドラ達から奪還した俺は、街の外に作られた難民キャンプ地の前を通った。Lenka Valus:The destruction was worse than I had feared. So many dead… it was almost better not knowing. Then at least I had hope.街の被害は思っていた以上に悪いようです・・・ たくさんの人が死にました・・・ 何も知らないほうが良かった・・・ まだ希望を持てたのだから・・・But I’ll be here. This is my town. Nothing is...