ミドリエル・アース

映画『ホビット』『ロード・オブ・ザ・リング』及びトールキン作品のファンサイト。最近はニュージーランド旅行記がメイン。指輪物語ファンサイト『小さな丸いドア』元管理人。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

「ホビットの冒険」感想日記15 じゃじゃーん!

ホビットの冒険〈上〉 (岩波少年文庫)ホビットの冒険〈上〉 (岩波少年文庫)
(2000/08/18)
J.R.R. トールキン

商品詳細を見る

今回の感想は文庫上巻のP183からP197まで。


<おさらい>ドワーフの特徴

来た順(カッコ内はビルボの家で演奏した楽器)
ドワーリン(Vla.)
バーリン(Vla.)
キーリ(Vn.) フィーリ(Vn.)
ドーリ(笛) ノーリ(笛) オーリ(笛) オイン(無し) グローイン(無し)
ビフール(Cl.) ボフール(Cl.) ボンブール(太鼓) トーリン(Hp.) &ガンダルフ

ドワーリン(弟)とバーリン(兄)は兄弟で、バーリンは年寄りの風(後のモリアの領主)
ボンブール=でぶちゃん
トーリン=13人のドワーフの中で一番偉い。長い銀の房つきの青空色の頭巾
ビルボの手伝いをする四人 バーリン、ドワーリン、キーリ、フィーリ

ビルボが奮い立つきっかけ:グローインによる「靴ふきの上でもそもそしている小男」発言。
オインとグローインは火を起こすのが上手い
トロルの洞窟でゲットした剣:トーリン→オルクリスト(ゴブリン退治)
フィーリとキーリは目が鋭く偵察隊&他のドワーフから約50歳年下の年少者


無事に脱出し皆を見つけることが出来たビルボ。
そこで指輪でいたずら。
見張りのバーリンを指輪を使ってスルーし、ビルボを助けようというガンダルフと置いていこうと言うドワーフたちとの口論の最中に指輪を外していきなり登場!
そりゃあ皆驚きます。

ガンダルフはその中でも一番喜びましたが、なにかビルボが隠し事をしているんじゃないかと勘ぐっている様子。
とにかく全ドワーフからの信頼度は急上昇。

お腹は空いてもとにかく先を急ぐぞというガンダルフ。
ここで書かれているゴブリン(「指輪物語」でのオークと同じ)はやけに強い印象(=ドワーフ達がヘタレ)を受けますね。
指輪物語の旅の仲間はもっとオークに対して強気で実際強かった印象でしたが。

そ・れ・よ・り・も!
指輪物語でバルログが登場した時の絶望感は超超好きだったんですけど!
あのレゴラスとギムリが戦意喪失しちゃうところがバルログの化け物っぷりを表しててワクワクしたのに、映画でのアッサリ加減は残念だった。
んーー時間の都合とかあるのは分かるんだけどさ。
それでもあんな演出じゃなくって、バルログには「げぇ、バルログ!?」的に出てきて欲しかった

ってホビット全然関係ないね。
ん、でもとにかく全体的に指輪物語に比べてホビットの冒険では登場人物がヘタレな印象。
結構言い訳する場面も多いしね。

そんなドワーフ達が格好良く活躍する時は来るのだろうか?
今回はここまで。


関連記事

| 「ホビットの冒険」感想日記 | 00:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://middliel.blog.fc2.com/tb.php/195-114ba3d5

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アーカイブ :blogtitle 非公開textinput type= title=_blankアーカイブ : 非公開textinput type= title=_blank新しいページ/divtext!--plugin_third-- !--titlelist_area--newentrys -/li style=:subject