山中(ラフェア)

山中(ラフェア)

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

山中(ラフェア)

山中(ラフェア)

ホビットの冒険〈下〉 (岩波少年文庫)ホビットの冒険〈下〉 (岩波少年文庫)
(2000/08/18)
J.R.R. トールキン

商品詳細を見る


今回の感想は文庫下巻のP172からP192まで。
ドワーフとは

たしかにドワーフたちは、気高い英雄ではありません。お金もうけに理想をかける、そろばん高い種族です。なかには、ずるいやつもいれば、裏切り者もいるし、とんでもない悪者もいます。でもなかにはそうではなくて、トーリンとその仲間のように、りっぱな連中もいるのです。といっても、あまり求めなければの話で……。



<おさらい>ドワーフの特徴

来た順(カッコ内はビルボの家で演奏した楽器)
ドワーリン(自分たちの背と同じ程の大きさのVla.)
バーリン(自分たちの背と同じ程の大きさのVla.)
キーリ(Vn.) フィーリ(Vn.)
ドーリ(笛) ノーリ(笛) オーリ(笛) オイン(無し) グローイン(無し)
ビフール(Cl.) ボフール(Cl.) ボンブール(太鼓) トーリン(Hp.) &ガンダルフ

秘密のかくし戸はフィーリとキーリ(とビルボ)が見つける。

トーリン(オーケンシールド):13人のドワーフのリーダー、勇敢であり、頑固でもある
トロルの洞窟でゲットした剣:オルクリスト(ゴブリン退治)
バーリンドワーフの中で年長組、ビルボと仲が良い、後のモリアの領主
 霧降山脈脱出後見張りをするが指輪をはめたビルボを見逃す。
 見張りや偵察任務をすることが多い。ビルボとともにスマウグのねぐらへ偵察に行く。
兄弟:バーリン(兄)、ドワーリン(弟)
グローインギムリの父
 ビルボが奮い立つきっかけ:「靴ふきの上でもそもそしている小男」発言。
 火を起こすのが上手い
オイン
 火を起こすのが上手い
ドーリ一番の力持ち
 おぶっていたビルボを落とす。ビルボを木の上に登らせる。鷲に連れられる時ビルボに脚をしがみつかれる。
フィーリ:一番若く、ドワーフの中で一番目が確か
 船を引き寄せる投げ縄を担当する。ビルボに協力的。
キーリ年少組、目が良い
ビルボに協力的。
ボンブール微笑みデブ おデブちゃん(他に説明はいらない…)基本的にネガティブ。
川に落ち眠り続け、笑顔のまま起きなくなる。他、数々の逸話あり。
外で暴れる竜から身を隠すため岩屋に入るが、ボフールとボンブールが外の谷の下に。



鳥(つぐみ)を見て異変を感じるのがトーリンとなっています、原作では。
映画ではオインが予兆が読み取れて鳥のことを話すエピソードがありましたが。
映画ではいろいろと変えてきてますね。
ちなみにドワーフたちもビルボもつぐみの言葉はわかりません。

そして今度はバーリンが大ガラスのことをビルボに詳しく話してくれます。
するとつぐみは大ガラスを連れてきて喋ります!(流石中つ国!)
この大ガラスによってトーリンたちは事の次第を分かるのでした。

激怒するトーリン。
「何人たりとも俺らの宝は譲らねえ!(意訳)」と。
そして、大ガラスに屈強の戦士たちのダインとその兵に応援を頼むのでした。

竜が死んだことで終わったと思っていたビルボ。
まだ難儀なことが続くと知ってへなへな~。
ほんとお疲れ様です。

ドワーフたちはエレボールにこもり守りを固める作業をするのですが・・・
もう映画のエレボールの映像しか頭に出てこない!!
映画のインパクト凄い!
あんなでっかい門、五軍の戦いの時どうするの!?

人間とエルフの連合軍がエレボールにやってきます。
トーリンが一喝すると、彼らは少し離れたところで様子を伺います。
向こう側へ行きたいビルボ。
かわいそうw
映画だとどういう心理で描かれるのか気になります。

ご機嫌斜めなおじいちゃん(トーリン)のために他のドワーフたちは歌(讃歌)を歌ってあげます。
これにおじいちゃんはほっこり(笑)
実際映画でどんな歌か早く聴きたいです。

また人間たちがやってきました。今度はバルドがトーリンに話をしました。
バルドの言うことはなるほど筋が通っていると、私などはつい納得してしまいます。
・・・が、ドワーフはというかトーリンは強欲で頑固だった(ーー;
全く。
これだから『ホビットの冒険』のドワーフたちは!
私がビルボだったらうんざりしっぱなしだったね。あ、ビルボも似たりよったりか。

使者に対して弓矢を放つトーリン。
全く・・・

もう勘弁して、このおじいちゃん(^^;;
関連記事
Posted by

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。