山中(ラフェア)

山中(ラフェア)

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

山中(ラフェア)

山中(ラフェア)

レポートの1回目はこちら


ハリコレレポートの2回目です。
物販コーナーの様子

IMAG1380_BURST002_20130512174102.jpg
このように様々なお店がSWやハリーポッター、アイアンマンなどなど、様々な映画のグッズを販売しています。
ちなみに、写メを撮っていたら気づかないうちにジェイソンのコスプレイヤーがフレームインしていました。

IMAG1388_BURST003_2.jpg
振り向きトルーパー
面白い画像を提供してくれてありがとう♪

今回コスプレをしている方たちは本格的なのもポイント高いのですが、なによりもサービス精神が素晴らしくて気軽にポーズを取ってくれたり参加者とコミュニケーションをとったりと、今回のイベントの成功に一役も二役も買っていました。


その頃二人のゲストはひたすらサインを書いていましたが、途中で手を休め物販の見学にやってきました。



IMAG1402_BURST001.jpg
物販ブースを見学するショーン・アスティン氏とロバート・イングランド氏。
撮影OKということもあり彼らがこのように見学に来ると沢山の人が周りを取り囲み、写真を撮ったり見学の様子を興味津々と見ていました。


さて、サインの途中に突然なにかを始めるのが好きらしいショーン、彼が突然、

「私にリプくれたらこっちからリツイートするよ、私のアイフォンであなたの撮影もするよ!一分以内に送って!(英語)」

との内容を通訳の方がみんなに伝えたので、周りにいた人達は一斉に携帯・スマホを取り出してショーンに送信を始めました!

そうしたら幸運にも私のアカウント名を選ばれ、司会のお姉さんがアカウント名を呼んでくれたので「ここにいるぞ!」をアピールするべく大きな声を出しました。
「オオォォォ-」なのか「イエァアアア」なのかなんと言っていたかは覚えていません。
ヤバイ!と言いたくなるくらいテンション上がった!


ショーンに見つけてもらい彼のiPhoneでパシャリ。
ありがたや~(*´∀`*)

こうやってリツイートしてもらったのは、実は私のフォロワーさん結構いました。
フォロワー内での確率の高さにびっくり!
(というかフォロワーさんがこの会場に何人もいたという事実。)

この時今回のハリコレを何で知ったかという質問があったのですが、参加者はtwitterで知ったという人がほとんどでした。
twitterはこういったイベントの告知にとても優れているのでしょうね。


ここでメイン会場以外のところを少し紹介。

IMAG1405.jpg
休憩中の客と戯れる?プレデター
別室に飲食が出来るところが設けられていて、そこでは客、あるいはコスプレしている人が休憩や談話をすることができました。
そんなところでもコスプレの方々はお客さんを楽しませてくれたり気軽に記念撮影に応じていました。


そして1日目終了の1時間前頃―
物販エリアを彼が歩いていたらいきなり「質問コーナーやるから向こう(サインした部屋)へ来い!」と言ったので皆で急遽大移動。


QAの時の様子を一部動画に収めましたのでどうぞ。





実際は30分以上質問に答えてくれていたそうです。
ほんと、サービス精神旺盛だなあと思いました。
それと話を聞いていてショーンは頭良さそう、という印象を受けました。

私はこの時最前列に座ることが出来たしショーンに質問することもできたので本当に満足♪

ハリコレに来る前はサインとかの値段が高いな~などと思っていましたが、来てみたらLotRのキャストとこんなにも接することができるイベントで来て良かった!!
と心の底から思いました。
欧米と違い日本にはなかなかこういった機会がありませんからね。

来日してくださったショーン・アスティン氏、ロバート・イングランド氏どちらもとても素敵な人でしたし、ハリコレ自体がとても雰囲気の良いイベントでした。
是非ともこのイベントを続けていって欲しいですし次回以降も成功して欲しいです。
そして私としてはやはり他のLotR、ホビットのキャストに来日して欲しいです。


最後に

これは2日目に撮影されたものです。
とても素敵な写真なのでレポートの〆に貼らせていただきます。

ショーン・アスティン、日本に来てくれて本当にありがとう!
ハリコレ運営の皆様も本当にありがとうございました!
そして皆様お疲れ様でした!
関連記事
Posted by

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。