ミドリエル・アース

映画『ホビット』『ロード・オブ・ザ・リング』及びトールキン作品のファンサイト。最近はニュージーランド旅行記がメイン。指輪物語ファンサイト『小さな丸いドア』元管理人。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

オフ会 in横浜 レポート 2013年6月22日(土)

2013年6月22日(土)に、トールキン(ホビット)クラスタで横浜に集まってオフ会を行いました。

概要


1次会を開始する前に早く集まれる方で「ホビットの冒険カードゲーム」で遊びました。
hobbit card game

始めは二人プレイ。私が初でお相手さんが2回目なので説明書を読みながら。少し遊ぶとルールもだいぶ把握できましたね。そして途中からお一人合流して三人プレイ。
感想を申しますとすぐ1ゲーム終わることができて(20分位)凄く面白い!!

ルールはUNOみたいに数字の大小で争います。プレイヤーはビルボ、トーリン、スマウグ(4人以上だとガンダルフとボルグを追加)になり、善悪に別れて戦います。ゲーム終了時に相手を全滅させるか生き残ったら勝利。
1枚ずつカードを出したとき勝った人がカードを分配できるのですが、プレイヤーキャラクターによって分配方法が違うのです。
とにかくね、トーリンが危険人物w
トーリンの分配方法が全くの運次第というゲームシステムなので自爆するかもしれないし敵味方関係なくダメージを与えるかもしれないという厄介な人物像はある意味原作通り?
私はトーリンやりましたが皆で超ウケてました。そしてビルボ役の人はメチャ強運で私は何度も助けられました。
という様に原作のキャラクター像をかなり反映したカードゲームです。

なんでこれを詳しく書いているかというと、とても面白かったのでまたの機会にホビクラの人これで遊びましょう!ということです(^O^)/



さて、1次会です。1次会は17:30から5人で、駅からすぐ近くの居酒屋「月のあかり」へ。
広々とした囲炉裏席の個室に通され、まずは飲み物を注文して乾杯を!

ってこの時乾杯の言葉を何にしようかってところでまず「何語で?」ってところから始まるあたり今回のメンツは濃い!
シンダールなのか「ドゥベガー」なのか、「『ドゥベガー』って言ったら向こうの席から『シャザラー』って言ってきたら壁ブチ抜いて一緒に飲もう」なんて乾杯前からこの盛り上がり。

で、結局は「ウェッス セオデン ハル!」をもじって「ウェッス ビルボ ハル!」に決定。幹事の私が音頭を取らせていただくと、参加者の皆さんもそれに続いてくださいました。

うんうん、今回の参加者はなかなかノリが良くって最初からテンション高い感じ。
私が複数回お会いしている方がほとんどということもちょっとはあるかな?

話の細かいところは相変わらず残念な記憶力なので多くを記録できませんが、覚えている限りのことをいくつか。

英語・エルフ後が堪能な方がいらして洋書や記念硬貨に書かれている文字を読んで下さったりして、とてもありがたかったです。
HoMEを読書中という方もいらっしゃいましたね。
なかなかあれは読んでいる方は多くはないので、面白いお話を聞かせてもらえました。

LotRサントラ解説本『The Music of the LotR Films』を持っていったのですが、メロディーをヴィオラで演奏してくださる方がいらっしゃいました!
こういうのっていいですねー。当然盛り上がりました。

それとシルマリル読みが結構いました。束オフする際は壁に年表と家系図が欲しいなどという話が。(それと固有名詞の索引)

あとbotの話でもかなり盛り上がりました。botをフォローして楽しまれている方からはたくさんの「ダメな~」の話やギムリbotがよくできていたなんて話を。
botをフォローしている皆さんの盛り上がりは凄かった。

それから考察・妄想話もたくさん。
あと海外のホビット事情とか。10年前のLotR公開時の、周りの人達の反応はどうだったとか。


今回もお宝をいろいろと皆さん持ってきて下さいました。本当にありがとうございます!
先ほどの『The Music of the LotR Films』
music of the lotr films

白の木のペンダント
52767981.jpg
素敵ですよね~♪

ゲームボーイアドバンスのホビットの冒険(と画像はないですがLotRのゲーム)
img56608556.jpg
images_20130626215800.jpeg
勇者っぽいビルボのイラスト。
下のゲーム画面はオープニングなのですが、物凄い原作に忠実!忠実すぎて「省略しろよ!ノベルゲーかよ!」と突っ込んでしまうくらい。
束ヲタなら嬉しいのですが一般受けは悪かったそうです(当たり前だ)。

他に電子書籍を持ってきていただいた方がいらっしゃいました。
あとフランス語版の原作。表紙がとても素敵でした。

それとインクリングス(トールキンが所属していたサークル)のメンバーが活躍する小説、「インディゴ・ドラゴン号の冒険」(もって来てくださったのは原語版)なんてものも。


えと、ここでお店にお詫びをしておきたいことが・・・
実は2時間という縛りだったのですが1時間半は始めに頼んだドリンクとお通しのサラダのみで話し続けていて。。
結局お会計が居酒屋に来て1人1,000円。お店の方ごめんなさいm(_ _;)m



2時間なんて束クラスタにかかればあっという間にですよ!
ということで全員2次会へ。2次会からは1人増えて6人で。
場所は「月の奏」というまたしても月の付く居酒屋。ここはたまたまだったのですが。夏至の日一日後記念?

で、2次会ではどうだったかというと、まあ察しの良い方は分かるでしょうが1次会の延長です。同じようにトールキン関係のことを話しまくってました。

そうそう、映画ホビットのエルフ関係の話題が今回のオフ会でかなり盛り上がっていました。
レゴラス、スランドゥイル、タウリエル。主に闇の森のメンツのことで。
年齢の話や3Dで眉毛が飛び出るだのなんだの。真面目な考察から馬鹿なことまでいろいろと。

こっちのお店では2時間飲み放題+一人二品頼むという条件で案内されたのでここでやっと皆食事をしました(笑)
余談ですがこの日は土曜日だったのでお店はどこも混んでいましたね。注文条件は外で客引き?をしていたお兄さんとのお約束だったのでした。
それでも2次会は3,000円程。
二次会のお店ですが席が薄いロールカーテンで隣と仕切られていただけなので、隣の客がうるさくてちょっと話が聞こえづらかったかなという点が残念でした。
やっぱりオフ会やるなら話がしっかり聞こえる場所がいいですね。

こちらのお店も混んでいたので2時間で終了。
そして22時過ぎということで解散といたしました。

今回のオフ会は久々に濃いメンツだったなあと振り返ってみて実感。
1月の映画鑑賞オフとは違う面白さがありました。

参加していただいた皆様、この度は本当にありがとうございました!


「遠い地よりの初めての客人、古き友人諸氏、今日はトールキン作品について話し合いたい。」
今度オフ会やるときはエルロンドのセリフをもじって言ってみるかな?
関連記事

| 『ホビット』オフ会等のイベント | 22:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://middliel.blog.fc2.com/tb.php/656-0d3d1de8

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アーカイブ :blogtitle 非公開textinput type= title=_blankアーカイブ : 非公開textinput type= title=_blank新しいページ/divtext!--plugin_third-- !--titlelist_area--newentrys -/li style=:subject