ミドリエル・アース

映画『ホビット』『ロード・オブ・ザ・リング』及びトールキン作品のファンサイト。最近はニュージーランド旅行記がメイン。指輪物語ファンサイト『小さな丸いドア』元管理人。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

新文芸座 LotR SEE一挙上映&お茶会でオフ会を 後編:お茶会

新文芸座 LotR SEE一挙上映&お茶会でオフ会を 前編:上映会

22時半頃全ての上映が終了。
かねてから予定していたフォロワーさんとのオールに加え、終電までお話したい方も参加できるお茶会を企画してその旨をツイート。

上映会というイベントがあったので集合場所には結構集まりました。お茶会には参加できないけれどその場でお話している方も含めると確か15人。
そして目的地である近くのデニーズへは最終的に12人が参加しました。


23時頃と遅い時間だったからかお店もそんなに混んではおらず、数分後に席に案内されました。
丁度フロアから離された半個室みたいなスペースで私たちが過ごす(居座る)には最適の場所!
(余談ですが入口入ってすぐの待機場所がいい具合に全員座れて、「ここでドリンク持ってきて喋ればいいんじゃない?」と言ったり。)

飲み物と食べ物を注文し、まずは自己紹介。
ハンドルネームとファン歴、後好きなキャラとか活動している人はそのこととかをそれぞれ自己紹介していただきました。

参加者は勿論全員がトールキン作品のファンなのですが、様々なタイプの個性をお持ちの方の集まりでした。
絵や漫画を描いていらっしゃる方、音楽に長けた方、素晴らしい細工物を作られている方、TRPGから入られた方、つい最近トールキン作品が好きになられた方、挨拶がエルフ語という方、特定のキャラ・役者にどっぷりの方、トールキン作品との出会いのエピソードが素敵(or 面白い)方、英語が堪能で原著の指輪やHoMEを読まれている方など。

話し始めるとあっという間に時間が過ぎていきます。そして少しずつお帰りになる方がいらっしゃるのを皆さんでお見送り。
12人もいたので会話が6人、6人に分かれてしまったことと、時間の都合もあり、全員とゆっくりお話できなかったことは仕方のないことですが残念なことでした。
今回参加できなかった人も含めてまた別の機会にゆっくりお話できたらいいなと思います。


私が印象に残ったことを挙げていくと、まず漫画を書いている人がその場でイラストを書かれていたのですが、絵を描くのが超速い(そして上手い)。リクエストに応えて1キャラをものの2~3分で描いていた気がします。その方の個性もしっかり出ていて素晴らしかった。

それとトールキンの意匠を形どったネックレスを作成されてきた方がいらして、これが皆から大好評!クオリティもさることながら、分かる人には分かるデザインというのが個人的にポイント高いです。
そのネックレスは以前twitterでUPされたのですが、フォロワーさんからの反響が高く今回希望者のために複数作ってこられました。けれどオフ会で初めて知る方もいて足りなくなりそうだった程。

またその方は自作のモリアの門をデザインされたトートバックも持参されていて、これまた素敵な出来でした♪

「束」を形どったネックレス

BM9XzxyCcAEahpg.jpg


ホビットのタロットカードを持ってこられた方もいらっしゃいました!
映画とは違ってタロットの雰囲気(?)のイラストなんですね。というか原作イメージのというべきでしょうか?
エルフに裸で縛られるドワーフの絵柄のカードがあり、周りの人とやたらと気になってました(笑)いろいろと想像の余地が・・・
とこんなばかりじゃなくかなりかっこいいイラストなんかもたくさん。時間があったら占って欲しかったです。

ホビットのタロットカード

50519069.jpg

商品詳細ページ
(タロットの説明やその他の図柄のカードが見れます)

自己紹介の時のエピソードで「指輪物語の旅の仲間だけを読んで映画第一部を観に行ったら、ボロミアが死んでしまって衝撃を受けた(原作ではここまでやらない)」という話がありました。
これには原作を知っている方から「あるあるあるある」のうなずきが(笑)
この方と同じ思いをした人は当時結構いたみたいです。

闇の森(親子)はかなり話題に上っていました。
眉毛を細くしてみただとか、彼らのどこがいいだの、レゴラスにとってビール程度は水である論や、映画での年齢設定は何歳か?、闇の森で宴会は行われるのだろうかと心配する原作ファンなど。

勿論それぞれのキャラやシーンでの魅力はとくと語られました。語られないわけがない。

そして毎度?のことながら家系図・年表・地図が欲しいという話。
例えば「映画ホビットでは袋小路屋敷に来る前どこで会議してたの?」「青の山脈のはず」「距離は?」。とここで地図が欲しくなるわけです。
シルマリルに関連したエルフや人間の話も沢山したので尚更。

参加者で原作を全く読んでなく、映画を見終わるまでは原作は読まないと仰っている方がいたのですが・・「なぜシルマリルを読んだ私が驚くくらい第一紀、第二紀のことそんなに詳しいの!?」という方が(笑)
でもネットで拾ってきた知識だから基本的なことがごっそりと抜けていて部分部分の知識なんですね。しかも映画ホビットの情報もかなり収集しているという。
他の方から「もう原作読んだ方が早いですよ!」と何十回も言われていたのには苦笑い。
うん、多分あなたはほとんど原作の内容を知ってしまっていると思うよ。

とりあえず今思い出せるのはこれくらい。


最終的にオール組は7人。外が明るくなり始発の電車が動き始めた5時過ぎ頃、お開きとなりました。
本当にお疲れ様でした。12時間以上映画を観た後にオールとか我ながら凄いと思う。途中で寝落ちしちゃうのも分かります。かく言う私は帰りの電車で疲労が一気にきました。


最後までお付き合い下さった皆様はもちろん、お茶会に参加してくださった方も劇場でお話できた方も本当にありがとうございました!
中にはお会いできなかったフォロワーさんもいらしてそれはとても残念でした。
またの機会に皆様と再びお会いし、たくさんお話をしたいと思います。

それでは皆様、ナマリエ!


関連記事

| 『ホビット』オフ会等のイベント | 22:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://middliel.blog.fc2.com/tb.php/660-1a0486f8

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アーカイブ :blogtitle 非公開textinput type= title=_blankアーカイブ : 非公開textinput type= title=_blank新しいページ/divtext!--plugin_third-- !--titlelist_area--newentrys -/li style=:subject