ミドリエル・アース

映画『ホビット』『ロード・オブ・ザ・リング』及びトールキン作品のファンサイト。最近はニュージーランド旅行記がメイン。指輪物語ファンサイト『小さな丸いドア』元管理人。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ニュージーランド旅行 '14 北島ドライブ旅行 Neipia(ネーピア/ネイピア)編

概要へ


2014年12月03日(水)

この日から数日間、友人とレンタカーで北島を巡る旅に出ました。

私はペーパードライバーなので運転は友人が担当(感謝!!)。
私はというと地図を見ながらナビを担当。

NZでは宿泊施設やi-SITEなどで無料の地図が手に入ります。
車の旅にはとても助かりますし、旅行の記念として持って帰るのいうのもありですね。

IMG_3587.jpg

北島の地図

右側には南島のNelsonで貰った地図がちらっと載っています。
現地に行くとi-SITE等で地元の詳細な地図が入手できたりします。

それと観光地も脇に紹介されていて、有名所はだいたい載っています。
ホビトンも載っていますが分かりますか?


IMG_3588.jpg

街中心部の地図
裏面にはこうして各街の中心部の地図も載っています。



出発はウェリントン
朝、宿までレンタカー会社の人が迎えに来てくれ、車で10分程の所にあるAce Rental Carsへ。
ウェリントン駅の少し北側にある会社でした。

車は運転しやすいということで日本産のもの、NISSANのコンパクトカーを友人は選択。

そうそう、NZでは道に小石などがたくさん落ちているので車の傷の保証はフル一択です!
窓、ボディ、車の底部、至る所に傷が付く可能性があります。

そしてここで手続きを済ませいよいよ車での旅、出発!




初日はウェリントンから国道2号線を通って北東へ。
アール・デコの街並みが特徴の海岸沿いの人気観光都市、Neipia(ネーピア/ネイピア)。


地図1

走ったのはこのルート
Google Mapでは327km、所要時間4時間9分とでます。
4つの☆マークは下に書いた内容の場所を示しています。


さて、レンタカー会社を北へ進み2号線に乗ると建物は殆どなくなり代わりに道に沿って川が流れているのが見えました。

☆1 Hutt river(ハット川)
NZ旅行 1318

ここはもしかして?と思ったら、やはり『ロード・オブ・ザ・リング』で大河アンドゥインのロケ地として使われた川!(撮影場所は別の場所です)

天気も良くて川も流れがゆったりとしていた綺麗でいい見晴らし。
この川はLower Hutt, Upper Hutt地域を流れていました。



NZ旅行 1319

本当にいい天気でドライブ日和!
かるーく100km/h出ています。



☆2 難所の山道
NZ旅行 1320

Upper Huttを過ぎると峠の山道に。

写真は追い越し区間だからたまたま2車線だけれど基本片道1車線。
Dのイニシャルが付く漫画で出てきそうなウネウネとした山道が1時間ほど延々と続きます。
速度もかなり落とさざるを得ません。

友人が後に一番疲れたと話をするくらい、この区間は大変でした。
○○さん、本当にお疲れ様でした。



NZ旅行 1328

羊と牧草地

国道沿いにはこの様な光景を至る所で見ることができました。
これぞNZといった牧歌的な風景に和まずにはいられません。



☆3 Fish Spot
NZ旅行 1336

Woodville(ウッドビル)という小さな町でお昼休憩。
この町にあるお店Fish Spotのフィッシュ・アンド・チップスはとても美味しいとi-SITEで教えてもらい、ここで食べることにしました。


NZ旅行 1335

ポテト付きでNZ10$程だったと思います
油があっさりとしていて上品な味。
注文してから作ってくれるので、出来たてということもあってとても美味しかった♪



☆4 Ruahine Forest Park(ルアヒネ・フォレスト・パーク)の山々
NZ旅行 1339

WoodvilleからNeipiaに向けて走ると左手(西方向)に長ーく山が見えます。
標高は高くないのですが南北数十km、あるいは100km以上にわたってこの様に山が続き、手前の広々とした土地もセットで本当にドライブに最適の道が続きます。



NZを運転する際のポイント
今回の通った道は例の山道を除けば基本走りやすい道です。ただ時折ずーーーっと真っ直ぐな道が続くところがありそれが注意点。
空いている真っ直ぐな高速道路を走ったことがある方は理解できると思いますが、このような道は運転手にとって集中力を維持しにくい厄介な道でもあります。

それと夜は避けること(野生の動物が飛び出してくるし道がとても暗いので危険)と、地図で見るより目的地はずっと遠いので時間に余裕を持つことが大切です。
あとできたら交代で運転できればいいですね。

ガソリンスタンドは大体がセルフです。分からなければ店の中に店員さんがいるので質問したら教えてくれます。

今回のコースで難所だった所はUpper Hutt付近の山道と、ちょっと大変なのはNeipiaの隣にあるHastings(ヘイスティングズ)市街地。
Hastingsはそこそこ大きな街で、ナビ無し方向感覚無しだと街を抜けるのに難儀すると思います。
といっても東京に比べたらなんてことはありませんのでご安心を。






Neipia(ネイピア / ネーピア)

NZ旅行 1344

ウェリントンを出発しお昼休憩も挟んで5時間後、Neipiaへとやってきました

並木道の右手には海が見え、一気に開放感のある景色に!
写真は撮れなかったのですがもう少し走ると左手にはホテルやお店が並び、右手には海と、街の中心部までいかにも観光地という素敵な光景でした。


宿に到着したのは夕方5時過ぎ。
思っていたよりずっと街の中心部から遠かったのでチェックイン後再び車で中心地に向かい、適当な駐車場に車を置いて市街観光。


Emerson St(エマーソン・ストリート)
NZ旅行 1347

青い空と椰子の木がとても合う、白い壁を基調としたアール・デコ様式の商店が並ぶ通り。

ここはNZ?!って思ってしまうほど今まで見てきた街並みとは異質です。
まるでテレビで見たアメリカのマイアミの様です。


Emerson Stにあったクリスマスツリー
NZ旅行 1348

Yeahー!夏のクリスマス!と密かにテンション上昇中。

ところで12月に入りNZ各地でこの様にクリスマスの飾り付けが始まりました。
日本に比べてNZではクリスマスの飾り付けを始めるのは遅いです。
というか日本が早すぎな気がしますが。


それで上の写真2枚とも人が殆ど写っていませんよね。
何故か?

それは夕方になり店が一斉に閉店したからです。
夕方になると早々に店が閉まるのはNZの常識。

あ~~凄い素敵な街なのに店閉まってる!と友人と一緒に嘆いていましたが、幸い天気が良くまだ明るいので周辺を観光しました。



Trinity Methodist Church
NZ旅行 1346

この教会のようなかわいい建物が沢山



NEW NAPIER ARCH
NZ旅行 1349

海岸に面して建っている門
きっと昼間は沢山の人がいるんでしょうね。



Napierの海岸
NZ旅行 1351

陰ってきたからちょっと暗い印象ですが明るい時は全然雰囲気違います。
ちなみにここは砂利も含む砂浜でした。



海岸沿いのパターゴルフができる公園
NZ旅行 1356

ゴルフ天国といわれるNZ。
私の知り合いにゴルフをしにNeipiaを何度も訪れたことがあるという人がいるくらいなので、よっぽど良いところなのでしょう。
そんな場所だからかこの様な施設もあるのでしょうね。

私はゴルフ未経験ですがこれなら簡単にできるので時間があったら遊んでみたかったです。



Art Deco Masonic Hotel
NZ旅行 1358

http://masonic.co.nz/

Tennyson St(テニーソン・ストリート)と海岸沿いの大通りMarine Parade(マリーン・パレード)が交差する角に建っているこの建物は、ただ単に手前の柱の飾り付けも含めて綺麗だから撮りました。

後から調べたらホテルで、部屋もレストランやバーもスッゴいお洒落!(リンク先の公式ページを見て下さい)
しかも見た目いい部屋なのに1万円代前半から部屋があるとか意外と安い(と思う)。
Neipiaはこういった素敵なホテルが沢山あるので本当にリゾートに最適なのでしょうね。



Napier Municipal Theatre
NZ旅行 1359

ここも外を通り過ぎただけですが、中はとてもお洒落です。
興味ある方は検索してみてください。
こんな所でコンサートやミュージカルを楽しんでみたいものです。


ちなみにNeipiaの街がアール・デコ様式の建物で統一されている理由は、1930年代に起こった大地震で街の大部分が崩壊し、その再建にアール・デコ様式が取り入れられたからだそうです。
街を歩いているとその震災当時の様子の写真を見ることができました。


と、ブラブラと街を歩いていると空はまだ明るいのですが時刻は夜の7時を過ぎました。
なので夜遅くまでやっている全国チェーンの大型スーパーまで行き夕食の買い出しへ。

美味しそうな鳥の丸焼きがあったのでそれと、外せないマッシュルーム、それからアスパラガスなどを購入。
そしてここNeipiaのある Hawke's Bay Region(ホークス・ベイ地方)は有名なワインの産地なので勿論ワインも!(それとチーズも)
本当にこっちのスーパーはどこ行ってもワインの品揃えが豊富で選ぶのに迷ってしまいました。



Cedar Court Motel
NZ旅行 1360

http://www.cedarcourt.co.nz/

ここがこの日泊まった宿、Cedar Court Motel。


4180600_70_z-tile_20150315152419315.jpg

街の中心部から離れた(地図だと1km位だったけれど実際はもっと遠かった)河口近くにあるモーテルで、静かでのんびりできるところです。

キッチンが付いていてしかもオーブンがあったため肉や野菜をこれで料理することにしました。
家にオーブンがないから知らなかったのですがオーブンって凄くいいですね!

作っている最中からいい香りがして堪らなかったです。
それで味もとても美味しくて、肉が美味しいのは勿論だったのですがその肉汁を吸った野菜がまた美味しくて。
焼いたり茹でたりじゃ味わえない美味しさでした。



IMG_20141204_081815.jpg

話がちょっと前後しますが、料理を作っている最中テレビをつけていたらトーリンとタウリエルとレゴラスの中の人のインタビューをやっていました!

内容を忘れてしまって何を話していたか書けないことが申し訳ないのですが、この時期NZではこうやってキャストがテレビに出演している機会が多くて、やっぱりリアル中つ国だなあと関心していました。


そして夕食は友人と一緒に鳥の丸焼きとワインを楽しみながら、『ホビット 龍に奪われた王国』のEE版(劇場未公開シーンを含んだロングバージョン)をタブレットで鑑賞(Blu-rayに付いていたダウンロードコードを使用)。
束クラスタと一緒に観るのはやっぱり楽しいですね♪


このようにして北島ドライブ旅行1日目を終えました。

今改めて思うのはNeipiaはとっても魅力的な街だったのできちんと観光したかったということ。
綺麗なアール・デコ様式の街並、南島よりもウェリントンよりも温暖な気候の開放的なビーチリゾート。
また空港が街のすぐ近くにあるので飛行機で移動する場合アクセスが便利なのも利点ですね。

ただ個人的にここに観光に来るならTheatreやRestaurant、Barを利用する、ちょっとリッチな旅行がしたいです。
お洒落な建物と海を堪能しながらリゾート気分を満喫できたらいいな、と思いました。

そうそう、宿に向かう際に見かけた海沿いのアイス屋さんが超美味しそうだった!
食べる気満々だったけれど、お察しの通り夕方になり閉店。・・だよね。

1~2週間のNZ旅行だとなかなか組み込まれにくい場所かと思いますが、NZ一周をするつもりの長期旅行や北島をじっくり周る旅行だったら是非。
私の知り合いのようにNeipiaだけに1週間滞在というのも十分ありな、魅力的な街です。


概要へ
関連記事

| ニュージーランド旅行 '14 | 17:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://middliel.blog.fc2.com/tb.php/735-864511f4

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アーカイブ :blogtitle 非公開textinput type= title=_blankアーカイブ : 非公開textinput type= title=_blank新しいページ/divtext!--plugin_third-- !--titlelist_area--newentrys -/li style=:subject