ミドリエル・アース

映画『ホビット』『ロード・オブ・ザ・リング』及びトールキン作品のファンサイト。最近はニュージーランド旅行記がメイン。指輪物語ファンサイト『小さな丸いドア』元管理人。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ニュージーランド旅行 '14 ウェリントン 後編

概要へ

ウェリントン 中編


2014年12月12日(金)

夜中トイレに起きて戻ってきたらドアが開かない。

……カードキー持ってくるの忘れた。。

ドミトリーに宿泊していた私は枕元に貴重品袋を置いて寝て、部屋から出る時はいつもならそれを持って出るのですが、ここにきてとうとう緊張が緩んだようです。
真夜中だったから頭がボーっとしていたのも災いしたのでしょう。

ドアを叩いてルームメイトに開けてもらうなんてことは、夜中3時の今迷惑すぎるので却下。
なのでレセプションへ。

こんな時間なのでシャッターが閉まっていますがベルがあります。

押します。

……

押します。

…………




なんということでしょう!

今日は朝からロード・オブ・ザ・リングのfull dayツアーがあるので、なんとか体を休めておきたい。
再び部屋の前に戻り、意を決してドアを叩・・かない。

やはりそれはできない。
なので再びレセプションへ。

……

まるで昔のアドベンチャーゲームやRPGで行き詰まった時のように、同じ展開で先に進まない。

しかしこんな時は焦ってはいけないと自分に言い聞かせ、頭を使う。
そうだ!どこかに起きている人がいるかもしれない。探してまわろう!

ダイニングルームに行ってみると、起きている兄ちゃんがいた!!
とにかく片言の英語でがんばって説明すると、ちゃんと通じました。
やる気があればなんでも出来る!

「当直なら別室で休んでいるよ、こっちだよ」とその兄ちゃんは親切に連れて行ってくれました。
そこにはヘッドホンをして寝ている兄ちゃんが。
おいぃぃ~!

でも、すぐにスペアキーを快く貸してくれました。
基本的にこっちの人は親切で良い人なんですよね。

そんなこんなで30分程右往左往したものの、無事二度寝して翌日に備えることができました。


で、しっかり朝起きることができ、朝からロード・オブ・ザ・リングのfull dayツアーに参加です。
(この時の様子はこちらを御覧下さい)


Weta Cave
IMG_3131_201510031409267d1.jpg


裂け谷の門
IMG_3181_20151003140929c3b.jpg

現存する数少ないセット!

等、ウェリントン周辺を1日かけてタップリ回りました。


『The Hobbit』のラッピングバス×2
IMG_3211 - コピー

ツアーバスに乗っている最中に発見
1台だけなら時々見かけていましたが、2台まとめて見かけるとは。

日本に1台でいいから分けてくれ、と思わずにいられなかった。



アラゴルン人形
IMG_3212.jpg

ツアーバスにちょこんと乗っかっていました



ロキシーシネマでのプロジェクション・マッピング
IMG_3214.jpg

この時の様子はこちらをご覧下さい。

思いがけないイベント!

というか衣装のこともそうだけどニュージーランドはそんなんばっかり。
ゆるい(笑)



2014年12月13日(土)

とうとう帰国の15日が近づいてきたこの日は、ウェリントンで一日フリーの最終日。
再びホビットの衣装探しへ!
(衣装探しの記事はこちら


ビルボの衣装
IMG_3245.jpg

ミスリルの鎖帷子!そして美しい青の上着!
本当に素晴らしい衣装でした。

しかしビルボの衣装はデパート内にあったのですが、夕方5時台に閉まっちゃうウェリントンのデパートとは…
そのために先日は見れなかったんですよね。
NZでは日本の感覚でいてはいけない!


それと先日行ったテ・パパ博物館にも衣装があるとのことで再び。

闇の森のエルフの剣と鎧
IMG_3256.jpg

特に剣がね!カッコ良かった!

また、黒い矢など、ホビット関係の展示が増えていました。


余談ですが、私のウェリントンでの宿泊先はテ・パパ博物館やエンバシーシアター(と大型スーパー)が近くにあるYHAウェリントンでした。
ウェリントンはこういう感じだったのでこれらの施設の近くの宿でとても助かりました。
(設備も綺麗で充実)





Pohutukawa(ポフツカワ)
IMG_3265.jpg

ポフツカワの花
IMG_3268-1.jpg

NZでクリスマスツリーと呼ばれているポフツカワの木。
11月下旬から12月になると、写真の通り真っ赤な花をつけることからそう呼ばれています。

これだけ真っ赤な花が沢山咲くので、綺麗なだけでなくすっごい目を引きます。

ちなみに南島にいたときは見なかったです。
南島にいた時はまだ時期が早かったのかな?

あとポフツカワは蜂蜜にもなっていて、NZの定番お土産の一つです。




Plum Cafe
Cuba street - Wellington
(http://www.somewhereyonder.co/2013/11/12-wellington-new-zealand.html)

ウェリントンは素敵なカフェが集まっている街。
この日は友達とキューバストリートにある「Plum Cafe」に行きました。






フラットホワイト
IMG_3269.jpg

とても美味しいフラホワでした!
コーヒーとミルクのナイスバランス!って記憶。


店内の様子
9073845.jpg
(http://www.stuff.co.nz/dominion-post/news/local-papers/the-wellingtonian/food-dining/9072713/Tasty-treats-at-Plum-Cafe)

そしてお店の雰囲気もgood!
店の奥は少し広くなっていて、壁には写真が飾られていたりアンティークのアップライトピアノが置いてあったりしました。



ガラドリエルことケイト・ブランシェットが起用されているARMANIの広告看板
IMG_3271.jpg

は~、お世辞抜きでお美しい。
世界のARMANIに起用されるなんてガラ様流石です。

この看板台北に行った時もあったから、きっと世界中にあるのでしょう。
ガラ様大女優!



地ビール?を1杯
IMG_3273.jpg

ウェリントン最後の夜は、宿で食事をとり、スーパーで買ってきた写真のビールを飲みました。
味は覚えていません。。

ダメだね時間が開くと。
もっとマメに記録を取っておくんだった。



2014年12月14日(日)

約3週間のNZ滞在も、残すところ今日と明日のみになりました。
明日は朝早くの便で出国ですので、実質今日が最終日。

ここを去るのはとても悲しいけれど、こればかりは仕方ありません。
宿で朝食をとってチェックアウトを済ませるとバスでウェリントン空港へ。


ウェリントン空港

(ウェリントン空港のことはこちらにまとめてあります)


キーリの衣装(ダブルスケール)
IMG_3276.jpg

まだ見ていなかったフィーリとキーリの衣装をしっかり鑑賞。
これで衣装巡りコンプリート!!



20141228112124b18_20151003164102200.jpg

オークランド行き、NZ412便、8:35AM、のはずでしたが一時間の遅延。
何度もNZで飛行機に乗りましたが実は遅延を経験するのはこの時が初めて。
でもオークランドではお土産を買うだけなので問題はありませんでした(フラグ)。


Air NZの翼とMiddle of Middle-earth
IMG_3286.jpg

あああぁ、とうとう中つ国から去らなくては行けない時が来た!!

この時は超寂しかったです。
実質的にここで物語の本編終了。これから後は軽いエピローグです。

勿論オークランドもいい所だと思います。行きたい所やしたい事も沢山ありました。
でも束クラスタがリアル中つ国を堪能してきた後のオークランド半日滞在(土産購入時間含む)じゃ、どうしてもテンション上がらないのです。

せめて翌日の国際線が午後発ならオークランドでの夜も満喫できたのだけれど、今夜は絶対寝坊は許されない!


空から見るウェリントン
IMG_3288.jpg

青い空に青い海!そしてウェリントンの街!
感動~!

しかし、青空を見るのはこれが最後だったとは、この時の私には知る由もなかったのです・・・


概要へ


関連記事

| ニュージーランド旅行 '14 | 17:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://middliel.blog.fc2.com/tb.php/757-4e4d333c

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アーカイブ :blogtitle 非公開textinput type= title=_blankアーカイブ : 非公開textinput type= title=_blank新しいページ/divtext!--plugin_third-- !--titlelist_area--newentrys -/li style=:subject