ミドリエル・アース

映画『ホビット』『ロード・オブ・ザ・リング』及びトールキン作品のファンサイト。最近はニュージーランド旅行記がメイン。指輪物語ファンサイト『小さな丸いドア』元管理人。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

「ホビットの冒険」感想日記3 ドワーフの歌(日英歌比較)

ホビットの冒険〈上〉 (岩波少年文庫)ホビットの冒険〈上〉 (岩波少年文庫)
(2000/08/18)
J.R.R. トールキン

商品詳細を見る

文庫上巻のP32からP34。


今回は主にビルボの家でドワーフたちが歌を歌うシーン。

<おさらい>ドワーフの特徴

来た順
ドワーリン
バーリン
キーリ フィーリ
ドーリ ノーリ オーリ オイン グローイン
ビフール ボフール ボンブール トーリン(&ガンダルフ)

ドワーリン(弟)とバーリン(兄)は兄弟で、バーリンは年寄りの風(後のモリアの領主)
ボンブール=でぶちゃん
トーリン=13人のドワーフの中で一番偉い。長い銀の房つきの青空色の頭巾



食事やお茶をしている時点ではビルボはまだ事情を分かっていない。
だからビルボからしたら彼らは図々しく思えたに違いない。
反対にドワーフ側からしたら、命がけの冒険の前、このテンションは当たり前なのかもしれない。

ガンダルフ、ビルボに了解取ってなかったよね?
流石魔法使いは強引やでぇ。

「なぜ彼らは手を貸さないんだ!」と独り言でキレているビルボの所に数人のドワーフがやってきて手伝ってくれます。
バーリンとドワーリン、そしてキーリとフィーリの四人。
バーリンはこの中で歳いってるみたいだしゆっくり座ってたらいいんじゃないの?
バーリンは気遣いのできるいい人?

ビルボ「晩御飯までいますよね?(もう帰って!)」
その他「Of course!」
ビルボの願いも虚しく散ったのであった。

そしてドワーフたちの歌が一つ。

で、歌となったらどうしても原文が知りたくなってしまう。
映画「ロード・オブ・ザ・リング」公開の頃に買った英語のペーパーバッグ。
ほとんど読まずにコレクターズアイテムと化していたが、遂に役立つ時が来た。

The Hobbit and the Lord of the Rings アメリカ版The Hobbit and the Lord of the Rings アメリカ版
(1999/09/15)
J. R. R. Tolkien

商品詳細を見る

「ロード・オブ・ザ・リング」と「ホビットの冒険」がセットで3,000円台とか。
流石ペーパーバックは安い。
アラン・リーの表紙とBOXイラストも素敵。

日本語と英語の違いを一部書きだしてみます。

日本語:コップをこわせ、皿をくだけ、
英語 :Chip the glasses and crack the plates!

日本語:
ビルボ・バギンズいやがってるぞ、
ご用心ねがいます、皿、わらないでくださいな!
英語 :
That's what Bilbo Baggins hates!
So, carefully! carefully with the plates!


当然だけど原文の英語の方が韻を踏みやすいですね。
ただ、最後の一文だけ韻を踏みにくかった。
映画化の時にこの歌が入っていたら、どんなふうに表現されるかが楽しみ。

この歌はトーリンを除く12人のドワーフが片付けながら歌ったもの。
片付け方は、とにかく皿を積み上げて大道芸人のごとく運んでいく。
それを見てビルボは慌てますがドワーフはお茶の子さいさい。
この描写からドワーフは歌好きで器用だということが分かります。

だからさ、映画「ロード・オブ・ザ・リング」のギムリのシーン撮り直そうぜ、今から。
頼みますよ、ホビット撮るついでに。


なんかブログを書きながらやってたら全然読み進まない。
まあいいか、急ぐわけでもなし。
これ以降はまた次回。
関連記事

| 「ホビットの冒険」感想日記 | 07:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://middliel.blog.fc2.com/tb.php/81-01a3ded0

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アーカイブ :blogtitle 非公開textinput type= title=_blankアーカイブ : 非公開textinput type= title=_blank新しいページ/divtext!--plugin_third-- !--titlelist_area--newentrys -/li style=:subject